総合トップへサイトマップ各課業務案内リンク集交通アクセスよくある質問
ホーム  >  健康・福祉・介護  >  【新型コロナウイルス関連】新型コロナウイルス感染症の影響を受けている町内の商工業者の皆さんを応援します!

健康・福祉・介護

【新型コロナウイルス関連】新型コロナウイルス感染症の影響を受けている町内の商工業者の皆さんを応援します!

最終更新日[2020年5月19日]

 氷川町では、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、売上等が減少した町内の中小企業・小規模事業者(以下「事業者」という。)の皆さん、また、熊本県事業者に対する施設の使用停止の要請及び依頼(以下「休業要請等」という。)に協力いただいた事業者の皆さんの事業継続を後押しするために、融資に伴う利子の補給や応援金の支給を行います。

 

○熊本県金融円滑化特別資金制度を利用された方へ利子を補給します

 1.対象となる事業者

   ・中小企業基本法に規定する中小企業者またはこれに準じる事業者

   ・町内で事業を営む中小企業者で、法人にあっては本社が町内に、個人事業主にあっては町内に主たる事業所を

    有している事業者

   ・氷川町税等の未納がない事業者

 2.対象となる融資制度

   令和2年3月2日以降受付分の熊本県金融円滑特別資金(新型コロナウイルス感染症対策分)で次の融資制度利用分

   ・県独自分

   ・国セーフティネット保証4号

   ・国危機関連保証 

 3.補給の期間及び額

   融資実行日から5年間で利子の全額(遅延利子は除きます)

 4.補給制度利用の申し込み

   利子補給制度を受けたい場合は、融資を受けられた後30日以内に利子補給申込書(様式第1号)及び関係

   書類を提出してください。

  •    添付資料 利子補給申込書(様式第1号) 新しいウィンドウで(ファイル:16.3キロバイト)
  •    添付していただく関係書類
  •    ・金融機関からの借入を証する書類(契約書等の写し)
  •    ・償還計画が分かる書類(金融機関発行の償還予定表等の写し)
  •    ・新型コロナウイルス感染症対策に伴う融資であることが分かる証明書(信用保証協会からの通知等の写し)
  •  5.利子の支払い

   1月(令和2年度は3月)から12月まで支払済みの利子分を翌年3月に支払います。

   本年分は、令和2年12月末頃に申請書をお送りし、令和3年1月末までに申請書及び請求書を提出いた

   ただき、令和3年3月頃に支払いを行います。

 6.関係書類の提出先

   氷川町宮原振興局 地域振興課 〒869-4608 八代郡氷川町宮原栄久69番地1

   

○氷川町新型コロナウイルス感染症対策商工業事業継続応援金

  新型コロナウイルス感染症の影響を受けた商工業の事業者の皆さんの事業継続を後押しするために、売上が減少した事

 業者に応援金を交付します。

 1.対象となる事業者

   ・氷川町内の商工業者で3ヶ月以上継続して事業を営み、法人にあっては本社が町内に、個人事業者にあっては町

    内に主たる事業所又は店舗等を有している事業者

   ・令和2年1月から12月までのうち、新型コロナウイルス感染症対策の影響により、ひと月の売上が前年同月に比べて

    30%以上減少した事業者

   ・氷川町税等の未納がない事業者

   ・反社会的勢力者との関わりがない事業者

 2.応援金の額

   ・法人    20万円

   ・個人事業者 10万円

 3.応援金の申請に必要な書類

   (1)商工業事業継続応援金交付申請書(様式第1号)    

   (2)直近の決算書または確定申告書の写し

   (3)前年のひと月の売上金額が確認できる書類(帳簿、通帳、伝票等の写し)

   (4)令和2年1月から同年12月までのひと月の売上金額が確認できる書類(帳簿、通帳、伝票等の写し)

   (5)商工業事業継続応援金請求書(様式第3号) 

  •     添付資料 商工業事業継続応援金交付請求書 新しいウィンドウで(ファイル:22.2キロバイト)
  •  4.応援金の申請期間
  •    令和2年5月20日(水)から令和3年1月15日(金)まで
  •  5.応援金申請書等の提出先
  •    氷川町宮原振興局 地域振興課 〒869-4608 八代郡氷川町宮原栄久69番地1

 

 

  • ○氷川町新型コロナウイルス感染症対策事業所休業等応援金
  •   新型コロナウイルス感染症の影響を受けた商工業の事業者の皆さんの事業継続を後押しするために、感染拡大を防止するため
  •  熊本県より要請や依頼された休業等要請に基づき、休業や営業時間の短縮を実施した事業者に応援金を交付します。
  •  1.対象となる事業者
  •    ・氷川町内の商工業者で3ヶ月以上継続して事業を営み、法人にあっては本社が町内に、個人事業者にあっては町

        内に主たる事業所又は店舗等を有している事業者

       ・氷川町税等の未納がない事業者

  •    ・反社会的勢力者との関わりがない事業者

  •  2.対象となる施設(事業所または業種)

  •    ・令和2年4月21日付け熊本県より新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため、施設の使用停止の協力要請

  •     及び依頼の対象となった施設(休業要請の対象となる施設)

  •    ・上記要請において使用停止を要請しない(休業要請をしない)が、営業時間の短縮を要請した施設(食事提供施設)

  •     ※県の要請の内容~「営業時間の短縮については、朝5時から夜8時までの間の営業を要請し、酒類の提供は夜7

  •              時までとすることを要請。」

  •  3.対象となる期間

        令和2年4月22日(水)から5月6日(水)までのうち5日間以上
  •  4.応援金の額

  •    ・休業要請の対象となった施設で、対象期間内に5日間以上休業した事業者    10万円

  •    ・営業時間の短縮の要請となった施設で、対象期間内に5日間以上の営業時

  •     間の短縮を実施した事業者                       5万円

  •  5.応援金の申請に必要な書類

  •    (1)事業所休業等応援金交付申請書(様式第1号)

  •     添付資料 事業所休業等応援金申請書(様式第1号) 新しいウィンドウで(ファイル:22.7キロバイト)

       (2)事業の営業状況等が確認できる書類(決算書または確定申告等の写し)

       (3)休業または営業時間の短縮の状況が確認できる書類(店頭での告知チラシの写真など)

       (4)振込の口座が確認できる書類(通帳の写し)

     6.応援金の申請期間

        令和2年5月20日(水)から令和2年6月30日(日)まで

     7.応援金申請書等の提出先

このページに関する
お問い合わせは
宮原振興局 地域振興課
電話:0965-62-2311(宮原振興局代表電話)
ファックス:0965-62-4116
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。