総合トップへサイトマップ各課業務案内リンク集交通アクセスよくある質問
ホーム  >  健康・福祉・介護  >  【新型コロナウイルス関連】特別定額給付金事業について

健康・福祉・介護

【新型コロナウイルス関連】特別定額給付金事業について

最終更新日[2020年5月13日]

1.特別定額給付金事業について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に留意しつつ、家計への支援を行うための給付を行います。

(1)給付対象者

 基準日(令和2427日)において、氷川町の住民基本台帳に登録されている方。

(2)受給権者

 その世帯の世帯主。

(3)給付額

 給付対象者1人につき10万円。

(4)給付金の申請方法

(1)新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、給付金の申請は郵送を基本とし、給付は原則として申請者の本人名義の銀行・郵便局の口座への振り込みとします。

 申請書郵送開始日:5月13日(水)

 受 付 期 間 :5月18日(月)~8月18日(火)

 支 給 開 始 日 :5月20日(水)

 

(2)マイナポータルを利用したオンライン申請(マイナンバーカード所有者のみ)については、5月8日(金)より下記から申請することができます。

マイナポータルによる申請はこちら

 

○総務省 特別定額給付金コールセンター

 総務省は、特別定額給付金に関する皆様からの問い合わせに対応するため、「特別定額給付金コールセンター」を設置していますので、ご不明な点はご相談ください。

・電話番号:03-5638-5855

・対応時間:9時から1830分(土曜・日曜日・祝日を除く)

特別定額給付金(総務省サイト)

 

2.配偶者からの暴力を理由とした避難事例における申請について

 配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により令和2427日以前に今お住いの市区町村に住民票を移すことができない方のうち、1~3のいずれかに該当する場合は、世帯主でなくとも同伴者の分を含めて特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。

(1)配偶者暴力防止法に基づく「保護命令」を受けていること。

(2)婦人相談所から「配偶者からの暴力の被害者の保護に関する証明書」や、配偶者暴力対応機(配

偶者暴力相談支援センター、市区町村等)の「確認書」が発行されていること。

(3)令和2428日以降に住民票が今お住いの市区町村に移され、住民基本台帳の閲覧制限等の「支

援措置」の対象となっていること。

 

○手続き方法

 町民課戸籍環境係へ「申出書」を提出してください。申出書には、次のいずれかの書類の写しを添付してください。

・婦人相談所、配偶者暴力相談支援センター等が発行する証明書や市区町村が発行するDV被害申し出確認書

・保護命令決定書の謄本または正本

※令和2428日以降に今お住まいの市区町村に住民票を移し、住民基本台帳の閲覧制限等の支援措置を受けている方は、その旨を申出書に記載すれば確認がとれるため添付書類は必要ありません。

○申出書提出期間

 令和2424日から430日まで

 ※430日を過ぎても「申出書」を提出することはできます。

○その他

 「申出書」に基づき、住民票がある市区町村へ連絡しますが、「申出書」に記載された今お住まいの住所等の情報は知らせません。

 特別定額給付金の申請手続きは、この申出手続きとは別に行う必要があります。後日、「申出書」に記載された居住住所に特別定額給付金の申請書を送付いたしますので、そちらも必ずご提出ください。

添付資料 特別定額給付金に関するお知らせ 新しいウィンドウで(PDF:531.5キロバイト)

  • 添付資料 申出書 新しいウィンドウで(PDF:190.6キロバイト)

 

3.特別定額給付金(仮称)を装った詐欺に注意!

 詳しくは、下記をご確認ください。

 特別定額給付金を装った詐欺に注意!

このページに関する
お問い合わせは
総務課
電話:0965-52-7111(代表電話)
ファックス:0965-52-3939
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。