総合トップへサイトマップ各課業務案内リンク集交通アクセスよくある質問
ホーム  >  くらし・安全  >  ふるさと融資制度

くらし・安全

ふるさと融資制度

最終更新日[2013年6月18日]

○ふるさと融資とは

 財団法人地域総合整備財団(ふるさと財団)では、ふるさと融資という制度があり、地方公共団体が地域振興に資する民間投資を支援するために行う地域総合整備資金貸付(長期の無利子資金)のことです。

 この融資(借入)は、対象事業に係る貸付対象費用から補助金を控除した額のうち、35%以内となり、残りの融資(借入)は、民間金融機関等から調達していただくことが前提となります。

 各事業所において、設備投資を検討されておられましたら、ぜひ活用をご検討ください。

○融資制度概要

 ・借入期間  5年以上15年以内(うち5年以内の据え置き期間を含む)

 ・貸 付 先  法人格を有する民間事業者

 ・貸 付 元  地方公共団体(事業地の都道府県又は市町村)

 ・利  息  無利子(民間金融機関の連帯保証が必要になりますので、これに係る保証料等が必要)

 ・融 資 枠  貸付対象費用から補助金を控除した額の35%以内(残額は、民間金融機関等借入金及び自己資金)

 ・貸付要件  地域振興に資するあらゆる分野の民間事業で次の(1)~(4)すべての要件を満たすこと

        (1)公益性、事業採算性、低収益性等の観点から実施されること。

        (2)事業の営業開始に伴い、事業地域内において以下の新たな雇用の確保が見込まれること。

         都道府県・政令指定都市から融資を受ける場合・・・10人以上

         市町村(政令指定都市を除く)から融資を受ける場合・・・5人以上

         再生可能エネルギー電気事業の特例・・・1人以上

         ※直接雇用のほか、テナントや業務委託等による雇用等の間接雇用やパート(常勤換算)も雇用人数に

          算入することができます。

        (3)用地取得費を除いた貸付対象費用の総額が2,500万円以上。

        (4)用地取得等の契約後5年以内に営業が開始されること。

        ※ただし、以下に該当するものは、対象事業から除外されます。

         ・第三者に売却又は分譲することを予定する施設

         ・風営法に規定する風俗営業等の用に供される施設

 ・限 度 額  氷川町の場合(その他市町村・通常の地域・一般の地域)

        ・通常の施設 10.5億円

        ・複合施設  15.7億円

 

○詳しくお知りになりたい場合は、ふるさと財団のホームページをご覧ください。

 

このページに関する
お問い合わせは
企画財政課
電話:0965-52-5850
ファックス:0965-52-3939
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。