氷川町観光サイト
観光情報TOP  >  見る  >  三神宮の楠群

見る

三神宮の楠群

 樹齢600年と推定される楠群の下では、夏越祭や、秋季大祭など多くの祭りが行われ憩いの場として地域住民に親しまれています。
1588年(天正16年)には、小西行長が宇土城に入城し、この三神宮をはじめ多くの神社を焼き払いましたが楠群はこれを見つめていたと思われます。

所在地/宮原491 

最終更新日[2019年7月4日]
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。