氷川町観光サイト
観光情報TOP  >  歴史・文化財

歴史・文化財

全38件 (1~10件)
耳飾り
伊藤家住宅(いとうけじゅうたく) 
伊藤家住宅は、床面積が約158平方メートルで、屋根型が平面形「コの字」型をした「クド造り」の建物です。「クド造り」は佐賀県に多く、福岡県・…
沖塘樋門(おきどもひもん)
沖塘樋門群は、砂川尻新地の一部である網道新地の干拓に伴って造られた施設です。樋門は干潮時にたまった水を海へ排出する役割だけではなく、かんが…
高塚熊野座神社(たかつかくまのざじんじゃ)
高塚熊野座神社は、景行天皇13年(4世紀頃)に熊野(和歌山県)より伝わったとされ、延久5年(1073年)に木野対馬守藤原重道が社殿を建立し…
内田康哉誕生地(うちだやすやたんじょうのち)
 内田康哉は明治・大正・昭和の三時代を通じて、外務官僚として日本の外交を担った人です。明治20年(1887年)、外務省に入るとワシントン駐…
鹿島神社(かしまじんじゃ) 
 保元2年(1157年)、肥後守平貞能によって茨城県鹿島神宮から分霊し、蛮賊防護のために勧請創建されたと伝えられています。天正年間に小西行…
銅造阿弥陀如来立像(どうぞうあみだにょらいりゅうぞう)
《熊本県指定文化財-彫刻》  勝専坊に伝わる金銅仏は、耳たぶや法衣(ほうえ)の裾が張り出していることや透かし彫りのある台座の形が朝鮮半島…
樋隈政丸(檜前豊丸)の墓
《氷川町指定文化財-建造物》  樋隈政丸は平安時代に八代郡の郡司(郡の役人)であった人です。その墓には「景行天皇32代孫/樋隈政丸/年齢…
宮原三神宮
 宮原三神宮は平治元年(1159年)、二条天皇の勅命で平盛俊(平清盛の側近)が社殿を造り、応保元年(1161年)に落成しました。その際、内…
勝専坊庫裏(しょうせんぼう くり)
《国登録有形文化財》  勝専坊は16世紀の中頃創建された浄土真宗本願寺派の寺院です。  勝専坊庫裏(僧侶が居住する場所)は、明治から大…