氷川町観光サイト
観光情報TOP  >  歴史・文化財  >  大野窟古墳(おおののいわやこふん)

歴史・文化財

大野窟古墳(おおののいわやこふん)

大野窟古墳(おおのいわやこふん)≪国指定史跡≫ 
 大野窟古墳は、標高50~60mの舌状台地上に位置します。墳長39m、高さ11.5mの円墳と考えられていましたが、平成15年度から20年度の発掘調査の結果、墳長約123mの前方後円墳であることがわかりました。墳丘の周りに周濠がめぐりますが、墳丘全体をめぐるのではなく、前方部の角で途切れ、前面側は土坑(穴)が並ぶ珍しい形をしています。主体部は長さ12.4mの複室の横穴式石室で、玄室の高さが6.5mと大変高いことが特徴です。石室全体は阿蘇溶結凝灰岩の切石を積み上げて造られており、石室の一部には赤色顔料を塗った跡が残っています。古墳に伴う遺物は須恵器と陶質(朝鮮半島の)土器が1点、石製表飾品が出土しています。また羨道部の壁面には、明応6(1497)年に阿弥陀如来を祀った刻字があります。

時期:古墳時代後期(6世紀後半)


 

大野窟古墳石室

■所在地:氷川町大野字芝原 ・崩迫

最終更新日[2013年6月24日]
このページに関する
お問い合わせは
氷川町教育委員会 生涯学習課
電話:0965-52-5860
ファックス:0965-52-7060
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。