氷川町観光サイト
観光情報TOP  >  泊まる  >  立神峡公園・里地公園

泊まる

立神峡公園・里地公園

ロッジ立神峡公園は、昭和42年9月に五木五家荘県立自然公園特別地域に指定された立神峡を中心とした公園です。
立神峡は、八代市泉町を源流とし、不知火海(八代海)に注ぐ氷川が龍峰山系に含まれる古生代の石灰岩層を侵食してできた石灰岩の岸壁とその渓谷のことで、岸壁は高さ75m、幅250mにもわたってそそり立っており、別名「肥後の空滝」や「肥後の赤壁」と呼ばれています。
夏季は避暑地として利用され、水遊びや魚釣りなど終日賑わいを見せています。また公園内には遊歩道が整備されており、天気の良い日にはハイキングコースとして親しまれています。

◆ログハウス(1棟1泊:16,000円)

 ログハウスは全3棟あり、各10名程度の宿泊が可能です。また、室内は冷房暖房・バス・トイレを完備しており、その他各種調理器具等もそろえております。
 ご予約はご利用予定日の半年前より受け付けております。

 

◆ロッジ(1棟1泊:10,000円)

 5人用の施設です。キッチン・バス・トイレ・エアコンと設備が整っていますので、お気軽にご利用できます。小さなロフトスペースもあり、くつろぐにはもってこいです。ちょっとした休日気分も味わえます。

 

 ご予約はご利用予定日の半年前から受け付けております。

 

◆里地屋敷(母屋1泊:20,000円、納屋: 10,000円 ※納屋のみの貸し出しは出来ません)

 里地屋敷は、昭和30年初期の農家をイメージした研修施設です。母屋(管理舎)には土間、囲炉裏、和室があり、納屋(宿泊棟)では、天窓から星を見ることができます。一度ガスのない生活を体験してみませんか?
 ご予約はご利用予定日の半年前から受け付けております。

 

ご予約など詳しくは、こちらまで。

 

 

最終更新日[2019年7月4日]
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。